選手のつぶやき

今日から本州でもプロ野球のオープン戦が始まりましたが、中日ドラゴンズの本拠地ナゴヤドームが何が物足りない事があるのです。

それは応援団がない事なのです。

以前は登録なしでも応援団がやっていまして全国各地に組織はありましたが、チケットを他の人に渡したり、裏金問題があった為に登録制になったそうです。

これは反社会の人がいまして追放をするために登録制にしたそうです。

この光景をみてある選手が「寂しい」とつぶやいたそうです。

実はこの応援団の入場を認めて欲しいと裁判を起こしたのです。

結果的には最高裁判まで行きまして応援団側の敗訴になったそうです。
これに伴い応援団活動が停止になったのです。

他球団にもいましたがこれも登録制にしたことで一部だけですが認められたそうです。

この問題には選手別応援歌のCDにもありまして制作する時に公認でなければ認められない事なのです。

東海地方はやるグループがおらなかったので今後は認められないそうです。

他球団が応援団がしても主催者側のファンのは羨ましいと思うのです。

しかし、反社会をなくしてはならないのです。
マナーがしっかり守っていましてみんなから認められるようなグループではならないのです。

このままだと観客から敬遠されると思われます。
なんかアイデアを出してほしいと思うが難しいと思われています