苺って可愛い

今日は、祖母の99歳の白寿のお祝いで、親戚一同が集まる。

うちの母は、そのために大きなホールのケーキを数日前に予約した。

その時に、サンドかどうかを聞かれた。
最初は、何を言ってるのか分からなかった。サンドって?

ああ、クリームのサンドのことか。
と思ったら、真ん中に苺をサンドするかどうかということだった。

私的には、ノーだ。

ケーキの上に、苺が飾られているのはかまわない。
やっぱり苺は赤くて可愛いし、ケーキを華やかに見せてくれる。

けれども、私はケーキには途中に果物とか甘酸っぱい物を挟んでほしくない。
だから苺がサンドされているのも、微妙に感じてしまう。

でも一般的に、苺は人気が高いように思える。
そう思うと、ケーキの上にも苺がたくさん乗っていて、間にもサンドされているものの方がいいのかな、と思った。

まぁそうこう考えを巡らせているうちに、母は私に意見を求めたくせに、私の意見を聞かずにサンドされているものを選んでいた。

そして当日の今日。
サンドされたケーキを取りに行く寸前に、苺アレルギーの人が親戚にいることが分かった。

母よ…どんまい!

選手のつぶやき

今日から本州でもプロ野球のオープン戦が始まりましたが、中日ドラゴンズの本拠地ナゴヤドームが何が物足りない事があるのです。

それは応援団がない事なのです。

以前は登録なしでも応援団がやっていまして全国各地に組織はありましたが、チケットを他の人に渡したり、裏金問題があった為に登録制になったそうです。

これは反社会の人がいまして追放をするために登録制にしたそうです。

この光景をみてある選手が「寂しい」とつぶやいたそうです。

実はこの応援団の入場を認めて欲しいと裁判を起こしたのです。

結果的には最高裁判まで行きまして応援団側の敗訴になったそうです。
これに伴い応援団活動が停止になったのです。

他球団にもいましたがこれも登録制にしたことで一部だけですが認められたそうです。

この問題には選手別応援歌のCDにもありまして制作する時に公認でなければ認められない事なのです。

東海地方はやるグループがおらなかったので今後は認められないそうです。

他球団が応援団がしても主催者側のファンのは羨ましいと思うのです。

しかし、反社会をなくしてはならないのです。
マナーがしっかり守っていましてみんなから認められるようなグループではならないのです。

このままだと観客から敬遠されると思われます。
なんかアイデアを出してほしいと思うが難しいと思われています

この時期に一番困る物

今朝のテレビて登校拒否の事をしていましたが、この時になると親が悩む事が多くなっています。

病院に行って調べていますがこれは大したことではないのです。
それは心の病気なのです。

特にいじめを受けた人は特にそうなります。

両親が無理やりすると子供が嫌々になっていくので次第に引きこもりをしてしまいます。
わからない事ばかりなので解決が見つからないのです。

治す方法がないのです。

学校さえ解決もしてくれないのが現状なのです。

この時期になると高校受験が難しいと思われるのです。
私立の中には受験が可能なら受けている人もいます。

合格するのは難しいと思われますが面接重視だと理由も言わなければならないので難しいの判断だと思われます。

私の中にはかっては登校拒否だった人が高校に受かって3年間高校生活を過ごした人もいるので諦めないでほしいと思っています。

嫌いだからと言ってどうしょうもないと思っていますが人生が変わると思います。
出来ないと言ってバカにしていた人もいますが、目標を高くすることで見返す事が出来るのです。

登校拒否になっている人も大きな節目があると思います。

まずは諦めないでやってほしいと思います。

実験は始まったものも

昨日から都営の終日バスが試験運行が始まりましたが、奇しくも都知事が辞任した次の日の事なので緊張をしていたかも知れませんがこのやり方ではどうかなぁと思っています。

鹿児島県はも平日限定で深夜バスが走っていますが、これは料金が割増になるので高くなるのです。

しかし、鹿児島市内限定なのでそれ以外は長くいられないので早めに帰る人が多くいます。

この都営のバスが上手く行くと路線が増えて行く可能性が出てくるのです。
2020年の東京五輪が行われる頃になると運行が増えるかも知れません。

問題点も浮き彫りになってきています。

運転手の交代をどこでやるのか時間をどう区別していくのか微妙に難しいと思っております。
終日バスの実験運行している営業所はに仮眠室が出来ているかどうかが私にはポイントだと思います。

都知事が辞任した事でまた選挙になるので誰がなるのかは注目はしていますがこの実験運行が気になります。

予算の無駄と感じる人がいるかもしれないので止めるかも知れないのです。

しかし、このまま続く人もいるのでどちらにしても判断は待ちたいと思います。

注目される選挙は年明けなんだそうです。

どんな人が立候補するのか注目だと思います。

何かが足りない

ホークスがファームのホームタウンの構想の都市を探していまして昨日その都市が決まったそうです。

この構想にはたくさんの市が候補に上がっていましてそこから4つに絞ったそうです。

そこから孫オーナーと協議した結果が「筑後市」なんだそうです。

理由としては博多までの交通の便や住みやすさで決まったそうです。

周辺が新本拠地となれば市から土地が購入出来るのでスムーズになると事が高く評価されたと思われます。

北九州市も候補になっていましたが福岡市の隣なので利便性もあったそうですがここは最近はトラブルが相次いで起きているのでふさわしくなかったかもしれません。

しかし、現在のファームの本拠地がある福岡市は大人し過ぎたと思われます。

この誘致合戦は熱があったと思いました。

最後に残った地点でも市長は「プレゼンしたので」でとどまっているのです。

今のままだと離れていくばかりだと思いますが盛り上げる事が出来ないと思われたと思います。

何かアピールが出来ていたら逆転が出来たと思います。

市民には失望はしていると思われます。

作戦がなかったのかなぁと思っています。

年賀状のシーズン

今月年賀状はがきが発売されましていろんなデザインの印刷があります。

毎年はがきが発売されてた頃によく本屋さんに行くとデザイン本が発売されていまして迷います。

デジタルカメラで取ってデザイン本に印刷するのもあって面白いと思っています。

パソコンでデザインもしている人もいまして宛名書きまでするので楽なのです。
これはプリンターを持っている人には有利な話なのです。

郵便局も負けてはいないのです。

今年からWebからデザインをえらべるそうで選んだデザインを送ることもできるそうです。
わざわざ郵便局に行かなくても自宅でもやれるので楽だと思います。

最近ははがきで送ることがなくて携帯のメールを送る人が多いそうです。

毎年一斉にメールを送るので繋がらないので時間を規制をするので大変です。

はがきが減っている原因がこれなのです。

でも、はがきを出して「私は元気だよ」と言わせても良いかも知れません。

毎年会わない人もいるのでこれでも良いと思っています。

私も出してみようとて思っています。