インフル

今年は流行るのが早いとは聞いていたけれど、本当にその通りだと・・・。

旦那さんの職場でインフルエンザにかかった方が出ました。

こればっかりは自己管理とはいえ仕方がないことですもんね。

早く治るように祈るばかりですが。

旦那さんの職場は少人数なので、あまり人員に余裕がなくて、皆さん連続勤務になるとの事。

年末年始のバタバタの時期じゃなくて良かったよーっと旦那さんは言っていましたが、次の休みがいつになるかわからなくなってしまったこっちとしては、アンタも心配だよ、と(涙)

私の友人も家族で広まってしまったところもあるし、接客業関係の方もインフル率が上がってきています。

私も接客業についていた身なのでこの時期はかなり体調には気を使っていたな。

でも無理はダメ!といいつつも、年末年始はセールや福袋や棚卸しと慌ただしい時期でもあったので結局多少の無理をしないとダメだったりもするんですよね(涙)

今年はお仕事から離れているので、初売り側じゃなく初買い側になれる(^O^)

お正月休みっていうのが無い環境だったので、実に学生以来の正月休みになります。

楽ちん

お家にいる機会が多くなってから、何事もどんどん楽な方へと行動するようになっています(汗)

女を忘れないようにしなくては!と思いつつも、「冬だしみえないし、そもそも出かけないし!」なんて思ってしまった結果、ムダ毛処理を怠っていたり(笑)

スウェットがラクすぎて、ゴムのウエストに慣れてきています・・・。

これから冬太り本番って感じになっちゃいそう。

お洗濯も夏場は毎日回していたんですが、冬は汗もかかないしーなんて2日置きが当たり前になっちゃったし。

寒いからお鍋にしたら2日間美味しく頂けることがわかって、ついつい土鍋料理が増えてしまっていて、これもお野菜切るだけで良いからラクなんですよね。

ラクといえば、ユニクロのブラトップもお気に入りです(^O^)

個人的に寝る時ははずしたいー!って思うんですが、いちおうつけてます。

でもやっぱり窮屈だし、と思って使い始めたらなんてラクなのー!

今年はヒートテックバージョンやタンクトップバージョンの色違いなんかも買い足して、かなりヘビロテしようと思っています◎

紅白歌合戦

出場者が決まったようですね。

率直に毎年似たような顔ぶれだなっていうのがぱっと見た感想でした。

アイドルやジャニ枠がどんどん増えていって、相変わらずそんなに売れていないけど居座っている大御所さんたち。

初出場が少ないと言われているけれど、ある程度の枠が決められていたらそんなに初出場できないでしょ。

学生の頃は、それこそ演歌以外はだいたい歌えたし、それくらい紅白に出る人って認知度や売上度があったと思うんだけどなぁ。

アムロちゃん、GLAY、ラルク、モー娘とか。

今年は浜崎あゆみが出ないんですね。

紅白出場連続何年とかも売れていたら良しとなるけど、そうじゃないと冷やかな目でみちゃうし。

今は枠がだいたい決まっていて、お金でやり取りしているようなもんなのかなって見方になっちゃった。

そこまで歌番組に興味が無くなったっていうのもあるから、これも歳をとった証拠かしら。

よく親も誰この人、とか言ってたもんな。

フジはワンピース放映だそうですね。

ガキ使もあるだろうし、年末の視聴率合戦は毎回大変なんですね。

新調しました

今年は新居に引っ越してきて初めての冬を迎える我が家です。

あっという間に肌寒くなってきてしまったので、この間慌てて寝具類を買いに行きました。

オシャレなのはたくさん出ていますが、なかなかお高いので地域密着型のショッピングモールへ(笑)

とりあえず掛け布団とカバーが欲しくて、探し始めてみると本当にピンキリですね。

あまり安さにこだわっても、後々買い替えが速まってしまっても仕方が無いので、ちょうど中間くらいのお値段のものにしました。

ついでにと毛布が安かったので、こちらも新調しちゃうことにしました。

本当は暖かいシーツやまくらカバーとか色々欲しいところですが、今回は最低限にしておかないと収納スペースを確保できていないので、後々が大変になりそうで(汗)

レイコップとかはもっていないから自力で干したり洗わないといけないので、本当に手軽に使えるやつにしました。

さっそく包まってみると、この間まで寒さで縮こまっていたのが嘘のようにゆっくり寝ることができました(^O^)

魚料理

恥ずかしながら、グリルを使ったことがないままアラサ―に突入してしまった主婦です・・・。

お魚料理はずっとできなくって、あとめんどくさいイメージと匂いと煙が充満するっていう意識があって作れないでいました。

結婚してから、自分が料理をして旦那さんが食べる。

っていうことは、私が栄養管理をしないと、旦那さんも私も体がダメになるって事に気付きました。

本当に今更なんですが、不規則なお仕事にいたものですから、食生活に対してはだいぶ適当に過ごしてきてしまったんです。

もちろん今から改善していけば、全然間に合うと思っているので、さっそくお魚をチョイスすることに。

いざスーパーに行って魚コーナーをみるも、種類も相場もわからないし、どうやって焼けばいいのかも謎のまま。

せいぜいホイル焼きしかやった事がないので、どの魚はどういう焼き方や食べ方が良いのかがわからなくて(涙)

で、お決まりのネット検索をしてみたら、グリルを使わなくてもフライパンで焼けるということは判明。

おかげで、みりん干しやみそ漬けなどの味付き魚も食べられるようになりました。

変わらずグリルは使えないままなんですけどね(笑)

マグカップ

食器はたくさん持っている方では無いのですが、マグカップは結婚祝いで頂いたりしたものやシールを集めて貰うシリーズがあったりと、いくつか種類を持っていたりします。

結局使うのはいつも同じのなので、全部が活躍する時は無いんですけどね(汗)

夏場はもっぱら麦茶のみ飲んでいたので、コップ使用数も少なかったんですが、秋になると使用目的も変わってくるので、マグカップだけはたくさんあって良かったかもと思い始めました。

最近はコーヒーやスープを飲んで一息つく事も多くなってきました。

使ったらすぐに洗えばいいんですが、結構シンクにつけ置き常習犯なので、次にココア飲みたいってなった時は次のマグカップをチョイス。

しっかり者の方には呆れられてしまうと思いますが、いちいち洗うのがめんどくさくて、最後に一気に片付けるタイプです。

この間雑貨屋さんに行ったら、シリコンのマグカップ用の蓋も売っているんですね。

お値段もお手頃だったし、種類もいっぱいあって買うの悩んじゃいました。

その衝撃で、世界が激震。

某ネコのキャラクターは猫ではない、と、
会社側から連絡があったというので、
世界中が大騒ぎになっているそうです。

あの犬は犬だよな、確かに犬だよな。
と確認する動きまで発生したそうで、

関係ない犬まで巻き込まれる騒ぎになっています。

でも、あのネコは猫じゃないって話、
すっごく昔に、聞いたことがある気がする。

記憶がかなり薄れてるので、そうとうに昔の記憶のようです。
へたすると30年以上前かも。確かになんかで聞いた。

でも、聞いた私ですら、忘れてます。

世界激震だそうで、まあ激震するわな。

今ごろ、世界中の女の子が
「あんた猫じゃなかったのー?!」と、
衝撃の目で彼女を見ていることでしょう。

このパソコンのすぐそばにも、
あまりにもスタイリッシュなので
衝動買いしてしまったそのネコ、
じゃない彼女の固定電話がありますが。

そこで私を見ているのは、
ネコではなくて人間です。

すっかり忘れてたけど、思い出すと、
なんか、生々しいんですけど。

そこから一人の女が、私を見つめている。

マイケル・ジャクソンのように

小説「金色夜叉」は、
ただもうどうしようもない男女対決の物語ですが、

丁々発止、疾風怒濤、
お前よくも裏切ったな、だってあなたあの時はと
お互いに文句言い続けるだけの話ですが、

舞台背景から道具立てから、美しいものばかりが並びます。

ああいうのは豪華なセットで贅沢な小道具でやってくれないと、
なぜかつまらない。どういう心理かわかりませんが。

しかも衝撃のラスト。
「金色夜叉でそれかい!」

ラジオドラマや舞台を知ってたので、
まさかそう来るとは思わなかった。

考えたら、舞台じゃ絶対できない、
小説にしかできないラストなので、
「ここでやらなきゃ、もったいない」のですが。

なんてことは実はどうでもよくて、

美しい言葉をリズミカルに、
いっそダンサブルに並べて書きまくってくれるので、
ただそれだけで読めてしまいます。

今月今夜のこの月をイエーイ!みたいなノリですから、
一つ一つの単語の意味とか、細かいことなんてどうでもよくなる。

マイケルの歌とダンスにノセられて、
歌詞の一つ一つの意味なんて、
どーでもよくなっちゃうのと同じです。

飛行機は手作りです。紅の豚でなくても

私が子供のときに一番なりたかったのは
戦闘機のパイロットですが、
ああいうこと、こういうことをしたいわけではない。

研ぎ澄ましたものが好きなだけなのですよね。

文通友だちのが男の子が、これも戦闘機大好きで、
戦闘機だけではない、メカはなんでも好き。

メカは悪くない。
人間がメカに悪いことをやらせるんだ。
そう言っては、悲しんでいたものです。

私の子供のときは冷戦がまだ終わっていなくて、
そのうち終わりましたが、

中東あたりで、
戦闘機大好きの男の子が悲しむような出来事が多く起きて、
日本に毎日のように報道されてた時期です。

戦闘機の出番なんて、ないほうがいい。
戦闘機は航空ショーをやってるのが一番だ。
それも、その男の子の持論でした。

戦闘機も、それを作る職人さんが減っていて、
他の工芸品やなにかのように、後継者をどうする、
技術の継承をどうするという問題が起きているらしい。

パイロットになるには、まず身長が足りない。
身長は伸ばしようがない。

で終わってしまった私には、手が出せない問題なのですが。

以前住んでいた町には、頼める人がいたんですが。

私は子供のときから仕事場で、新撰組のはっぴをしょって、
お客さんの間を、肩で風切って歩いてました。

…仕事場だよな、あれ。

女子高生、男子高生、みんな、一人残らず
「仕事だ!売るぞ!」と言いながら、行動してたんだから。

(ここだけ書くと異常な世界に聞こえますね)
(実際問題、異常なんだろうな)

一人称も「俺」でした。

ずっと使っていないのは、大人になったからでもなく、
隠しているからでもなく…

心底本気で誰かと戦ったがないのかもしれません。

子どもの時なら、いた。
どうしても勝ちたいあいつというのが、一人いた。

あいつには長いこと会っていないので、
今どうしているか知りませんが。

今の私は、閉経待つような年頃です。

そろそろのはずなんですが。待ってるんですが。
あのころの、男の子だった自分に戻れるんじゃないかって。

それに昔、ネクタイ締めようかと思って忘れていたのを、
思い出したし。

今住んでいる地域には、スタイリスト頼める店がないので、
実際にはやらないと思いますが。